FANDOM


「戦いの舞台は、第九惑星へ」

Slider season 2.jpg

アニメ「シドニアの騎士」第2期『第九惑星戦役』
2015年4月10日よりMBS、TBS、CBC、BS-TBS「アニメイズム」枠にて、放送中!!

シドニアの騎士「第九惑星戦役」(2期) あらすじ 編集

#01 葛藤 編集

葛藤1.jpg

自分の失敗を乗り越えることが出来ない岐神海苔夫は封印されていた落合の研究所に足を踏み入れてしまう。


#02 能力 編集

能力3.jpg

突然あらわれた白羽衣つむぎ、彼女は生まれて間もない少女のような心を持つ融合個体だった。


#03 針路 編集

3話14.jpg

ガウナとの徹底抗戦を宣言した小林艦長。突然の方針転換にシドニアの人々は戸惑うのだった。


#04 激昂 編集

4話6.jpg

ガウナの術中にはまったつむぎは力技で脱出を果たすも、怒りで我を失ってしまう。


#05 願望 編集

願望4.jpg

危機は回避したが、シドニアのためにボロボロになってしまった白羽衣つむぎ長道イザナはそんな彼女にシドニアの風景を見せよと考えた。


#06 起動 編集

起動1.jpg

寮を出ることになった長道イザナの家に泊めてもらうことにしたのだが、そこに寂しさに耐えかねたつむぎが家屋の崩壊を考えなしにやってきた。



#07 鳴動 編集

鳴動3.jpg

岐神開発が秘密裏に研究していた新兵器は実験中、突如コントロール不能に陥り、大事故へと発展してしまう。


#08 再会 編集

再会2.jpg

つむぎとの共同生活にも加わることになった。そんな生活をするイザナを心配しユレは極秘裏に長道を呼び出すことに。


#09 任務 編集

任務3.jpg

ユレの計らいで千秋郷にいくことになった長道イザナ。美しい景色を前にふたりはわずかに距離を縮める。


#10 進入 編集

進入5.jpg

偵察隊はガウナに遭遇し襲撃を受ける。気転をきかし大気圏に突入し難を逃れたイザナ。その中継を見ていた長道つむぎは、助けに行かせてほしいと艦長に願い出る。


#11 邂逅 編集

邂逅9.jpg

イザナたちの救出に向かったつむぎ長道の前に紅天蛾が現れる。紅天蛾つむぎに任せイザナの救出に向かう長道。その頃、イザナたちは機体を捨て惑星をさまよっていた。


#12 決戦 編集

決戦5.jpg

紅天蛾に拘束され身動きのとれない長道継衛の中に紅天蛾エナが侵入してくる。操縦席で身動きの取れない長道エナ星白の姿となって接触しようとする。同乗していたイザナはその危機を察知し頭部を分離してエナと本体を切り離そうとするが……。




  1. #01 葛藤
  2. #02 能力
  3. #03 針路
  4. #04 激昂
  5. #05 願望
  6. #06 起動
  7. #07 鳴動
  8. #08 再会
  9. #09 任務
  10. #10 進入
  11. #11
  12. #12

スタッフ & キャスト 編集

スタッフ 編集

  • 原作:弐瓶勉(講談社『アフタヌーン』)
  • 監督:瀬下寛之
  • 副監督:安藤裕章
  • シリーズ構成・脚本:村井さだゆき
  • プロダクションデザイナー:田中直哉
  • 造形監督:片塰満則
  • キャラクターデザイナー:森山佑樹
  • CGスーパーバイザー:上本雅之、菅井進
  • バトルアニマティクス:大串映二
  • ストーリーボード:森田宏幸
  • 音楽監督:岩浪美和
  • 音楽制作:STUDIO MAUSU
  • 音楽:朝倉紀行
  • 音楽制作:スターチャイルドレコード
  • 特別協力:静野孔文
  • アニメーション制作:ポリゴン・ピクチュアズ
  • 製作:東亜重工動画制作局

キャスト 編集

関連項目 編集


スレッドを作成 シドニアの騎士「第九惑星戦役」 (アニメ2期) に関連するスレッド

  • シドニアの騎士 第九惑星戦役スレッド

    5 件の投稿
    • 第6話で重力子放射線射出装置が出てくるのか?
    • ===アニメ2期 #11[http://ja.knightsofsidonia.wikia.com/wiki/%E9%82%82%E9%80%85 邂逅]での長道の立ち回りは痺れましたね。固定砲台と化しての精密射撃からの「二式複合人口カビ刀」による両断。長道すげぇ。#11は保存版です。===

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki