FANDOM


ヒ山 ララァ(ひやま ララァ)
ララァ infobox.png
基本情報
性別:
職業: 寮母、衛人操縦士
家族: 不明
機体番号: 不明
搭乗機体: 一五式衛人
ステータス: 生存
漫画初登場: 第1巻 第1章
アニメ初登場: 第1話 初陣
声優: 新井里美
衛人操縦士や訓練生が暮らす寮の寮母。人の言葉を話す二足歩行の熊の姿で、小さい頃に大怪我をしたという右腕には機械式の義手を着けている。(本人曰く、仕事に支障をきたしたことはない。)服を着て人間と同様の生活をしている。実は熊の毛皮は生命維持装置で、中には本当の体が入っている。原作には人間の姿がイラストで載っている(第6巻136ページ)。(これにより不死の船員会設立以前からの不死者の一人だということが分かる。)

人物と性格 編集

温厚な性格で、何かと長道ら訓練生の世話を焼く。特に長道にはまるで息子のように、接している。下の名前「ララァ」で呼ばれることを嫌がっており、名前で呼ばれると「野生が剥き出しになる」(激怒する)。

登場 編集

元は衛人操縦士で、不死の船員会の一員だった。斎藤ヒロキとは親しい間柄にあり、ヒロキ長道を奪って逃亡する際には手助けをした者である。そのためか船員会への発言権を奪われたと思われる。長道の素性を知る数少ない人物。小林とはヒロキの事もあり、付き合いは少ないが話すことがある。離反した落合のことも気にかけており、復活を知った際には戦闘区域にもかかわらず、身一つで説得に向かった。

交友関係 編集


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki