FANDOM


不死の船員会
Fushinoseninkai
設立年 2700年頃
(シドニア出航紀元500年頃)
現構成員 小林艦長
落合
科戸瀬ユレ
ヒ山ララァ
谷風長道

シドニアの意思決定権を握る最上位船員の集まりで、小林落合などが所属している。メンバーは「各人の持つ知識と経験は個人のものではなくシドニアのもの」という誓いを立てており、勝手に死ぬことは許されない。また、そのために老化を抑止する薬を使用して不老を保つことを許され、換装用のクローンも用意されている。ただし脳組織を破壊されれば普通に死ぬので、完全な意味での不死ではない。シドニアのブリッジの上に専用室が設置されており、メンバーはその内部に設置されている機械に入っている。メンバーは一般船員の前では仮面を付けており、その身分を晒すことはなく、限られた人間にしかその存在を知らされていないため、一般的には噂程度の都市伝説化している。 落合(岐神)によって補助脳の全記憶がシドニアの元に戻った後、小林の弾劾を決めた船員会メンバーは、小林の指示のもと、落合クローンによって全員射殺された。シドニアの総意思決定は小林が執ることになる。小惑星攻撃時には脱出船を用意していたこと、谷風に猜疑心を抱いていたことなどが、小林が行動を起こした原因と考えられる。 後に小林は新しい最上位船員会を編成。科戸瀬ユレ佐々木谷風、他数名をメンバーとする。新しい船員会はシドニアの知識を維持するのではなく、これからの大シュガフ船との戦闘、総攻撃艦隊の指揮、逃走した落合(融合個体二号)の動向など、シドニアの将来をテーマとする新しい組織に生まれ変わった。

現構成員 編集

設立時構成員 編集

死亡した構成員 編集

他20名

構成員の昔の写真 編集

Map 5

ヒ山ララァがタブレット端末のようなもので昔の写真と思われるものを見ているシーンがある。風貌から(右から)小林艦長ヒ山ララァ斎藤ヒロキ、鈴木、落合ではないかと推測される。


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki