FANDOM


科戸瀬 ユレ(しなとせ ユレ)
ユレ博士 infobox.png
基本情報
性別:
職業: 科学者
家族: 科戸瀬イザナ
機体番号: 不明
搭乗機体: 不明
ステータス: 生存
漫画初登場: 第3話 第15話
斎藤ヒロキの暴走」
アニメ初登場: 第7話 覚悟
声優: 能登麻美子
シドニアの科学者。外生研の所長を務める。小林落合 (岐神)が認めるほどの実力者。イザナの祖母であるが、自分の正体は明かしておらず、イザナには長い間、大変な長生きとだけ思われていた。(長道が初めてユレに会った際、イザナには正体を言わないようにと口止めされている。)大シュガフ船総攻撃にイザナが出発する際、初めて自分の正体を明かし、無事に戻ってくる事ことを誓わせた。

人物と性格 編集

優秀な人物で普段の性格も穏やか。イザナに関しては少々過保護気味。長道の出生に関わり、その秘密や生い立ちも知っているのだが、ヒロキに人質にされた事があるためか、微妙に長道への扱いが厳しい。きつい命令口調で難題を押し付けたり、治療の際に頚椎にこっそり爆弾仕込んだと言って脅したりする。

歴史 編集

第四次奇居子防衛戦」で激減した人口を100年で50万人に増やす計画を立案した中心人物。食糧問題を解決するため人類を光合成できるよう改造する計画を立案、実行した。また、補助脳からの安全なデータ取り出し方法を確立した。その能力を評価され、不死の船員会の一員となった。

交友関係 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki